私が世界のハゲを救う

人は何故ハゲるのか、ハゲは何故治らないとされているのか、真剣に考察して独自のハゲ理論を展開し、世界のハゲ達を救うブログ。

ストレスもまた、血流を阻害する要因なだけ

ストレスがハゲを導く要因となることは、今や周知の事実だろうと思う。だが、「なぜ」ストレスがハゲを導くのかは、あまり注目されていないように感じる。ストレスが身体に及ぼす影響と、それによりハゲを導く理論について説明しておく。

 

まず、我々の身体は自律神経というものがある。意識せずとも呼吸をしたり、心臓などの臓器を動かしたり、血管の収縮/拡張をしたり、汗をかいたりするのは、この自律神経のおかげである。知覚・運動神経は自分で意識しないとコントロールできないが、この自律神経は無意識にコントロールされるのが特徴であり、身体の環境を自動的に整えてくれる。

自律神経には、交感神経と副交感神経がある。この2つの神経は相対する性質を持っており、例えば下表のように、交感神経優位だと末梢血管は縮むが、副交感神経優位だと末梢血管が広がる。 

 器官     交感神経    副交感神経
 ─────────────────────────────
 心臓拍動   促進      抑制
 末梢血管   収縮      拡張
 冠状動脈   拡張      収縮
 血圧     上昇      低下
 気管支    拡張      収縮
 皮膚     収縮      通常
 消化管    蠕動抑制    蠕動促進

 

 どんなときにどちらの神経が優位になるのかというと、ストレスがある状態だと交感神経優位となり、リラックスした状態だと副交感神経優位となる。従って、人前でスピーチする時、スポーツの大事な試合、人間関係で深く悩んでいるときなど、ストレスがある状態だと交感神経優位により、臓器や器官へ優先的に血液を回すため、冠状動脈は拡張し、末梢血管すなわち身体の末端の血管は収縮する。

 

末梢血管が収縮するということは、末端への血液の供給が減るということなので、手足が冷え、皮膚も縮む傾向にある。当然ながら、頭皮も末端であるため、頭皮への血流量も減る。従って、ハゲ3大原因のひとつ「1. 頭皮に十分な血液が巡っていないから」に該当することになり、ハゲるわけだ。ストレスは「1. 頭皮に十分な血液が巡っていないから」の、いち要因でしかない。

 

対策は、もちろんストレスを減らすあるいは無くすことだが、それは難しいだろうと思う。職場の環境、仕事の責任、人間関係、ストレス要因は常に身近に存在するのがもはや当たり前だ。これらを完全に無くすことはできない。

できるかぎりストレス要因を減らす努力をするのと、生活にメリハリをつけるのが最善の対策だ。仕事中はストレスがかかるのは当たり前であるため仕方なく需要し、家に帰ったら仕事のことは忘れ、趣味に没頭するも良し、運動をして気分を晴らすのも良し、お酒を飲んで家族との団らんを楽しむのも良し、ストレスがかかっている時間を減らしていくのが良い。

 

また、ストレスは「1. 頭皮に十分な血液が巡っていないから」に該当するわけだが、だからと言って頭皮に十分な血液を巡らない要因がストレスだけでないことは、当たり前だが理解してほしい。首肩周りの凝りが要因となって血流が阻害されている場合もあるし、食生活が悪くて血管が詰まっていることが要因の場合もある。ストレスの低減も試みつつ、その他の要因へのアプローチを忘れてはならない。

 

ハゲ3大原因のひとつ「1. 頭皮に十分な血液が巡っていないから」については、下記の記事に詳細を記しているので是非参照されたし。

 

www.baldworld5565.com

 

ハゲに幸あれ。